無利息で安全にお金を借りる方法

無利息で安全にお金を借りる方法

キャッシング会社などからお金を借りると必ず利息がかかります。
それなのに「無利息でお金を借りられる」などといった広告を見ると、本当に安全なのかどうか少し疑ってしまいますよね。
でも安心してください!実際に大手の安心できる消費者金融で、無利息でお金を借りる方法があるんです!
当サイトでは、確実に無利息でお金を借りる方法についてご紹介いたします。
安心して利用できるキャッシング方法なので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

無利息でお金を借りる!無利息キャンペーンの活用

無利息キャンペーンとは、主に消費者金融が行っているサービスで、指定した期間内に返済すれば無利息でお金を貸してくれる、初めての方のためのお得なサービスです。

 

初めてキャッシングを利用する方、初めて消費者金融を利用する方のためのオトクなサービス「無利息キャンペーン」
借りた金額をそのまま返済するので、お友達や家族に借りたのと同じというとっても嬉しいサービスです。
ただし、無利息キャンペーンが利用できるのは、その消費者金融の利用が初めての方であることが多いです。
過去に一度利用したことがあり、また改めて契約をしたいという方は対象になりませんので気をつけてください。

 

無利息キャンペーンの適用期間

無利息キャンペーンは、キャッシングによって期間に違いがあります。
間違った日程で返済してしまうと、無利息キャンペーンが適用できないということも。
いくつかのパターンがありますので、契約前にしっかり確認しておきましょう。

 

キャッシングサービス

期間

回数

プロミス

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

最初の借入日の翌日から30日間

初回のみ

アコム

契約日の翌日から30日間

初回のみ

新生銀行レイク

@契約日の翌日から30日間

A契約日の翌日から180日間

※@かAを選択できます。
金利が違います。

初回のみ

ジャパンネット銀行

最初の借入日から30日間

初回のみ

ノーローン

借入日の翌日から7日間

回数制限なし

 

ノーローンと新生銀行レイクは少し特殊ですが、それ以外は2つのパターンに分かれます。

 

借入日の翌日から無利息

「来月あたり使うことがあるから前もって準備しておこう」
このような方は、借入日の翌日から無利息キャンペーンが始まる方を選んでください。
何ヶ月先でも、契約後最初の借入日からスタートしますので、すぐに利用しない方には便利です。

 

契約日の翌日から無利息

今必要だから借りた!という方は、すぐにでも借りたいですよね。
そんな方は契約日の翌日からでOK。
というよりは、すぐに利用する予定のある方は、どちらでもOKなのであまり気にしなくてもいいと思います。

 

期間はノーローンと新生銀行レイク以外は全て30日間。
なので、給料日が1回必ずありますので、そのタイミングで完済してしまえば利息は0円ということですね。

 

完済しなくてもおトクなのでオススメ

つい、「すぐに返済したらおトクです」といいたくなってしまうのですが、すぐに返済ではなく、分割して返済していこうと思っている方でも無利息キャンペーンは便利です。
初めて借りた日から1ヶ月間は無利息ですので、例えば12ヶ月で返済したとしても、無利息キャンペーンがあれば11ヶ月分の利息でいいということになりますよね。

 

1年以内くらいであれば、無利息キャンペーンを利用すればおトクにキャッシングできます。
ただし、あまりに長引くようであれば銀行などの低金利も検討してみてはいかがでしょうか。

 

ノーローンはオススメ?

さて、無利息キャンペーンで特殊だったのがノーローンと新生銀行レイク。
新生銀行レイクは、

 

@契約日の翌日から30日間
A契約日の翌日から180日間

 

のどちらかを選択することができます。
これは何が違うかというと、@30日間無利息、Aは5万円まで180日間無利息で借りることができます。
大きな金額を借りたい人は、Aで借りた方がおトクですよね。

 

では、ノーローンを見てみましょう。
ノーローンは、「借入日の翌日から7日間」。
たった7日間しか無利息期間がないんです。
その代わり、初めての方限定ではなく、何度でも利用することができるんです。

どこでリセットされるのか?
それは「完済」から。
まず、初めて借りた日から1週間は無利息です。
この1週間以内に全額返済をしたら、1週間後にまた借りると1週間無利息になります。

 

注意してほしいのは、
「初回の借入れ」と、「完済後の初めての借り入れ」のみ。
つまり、10万円借りて1週間で9万円返済し、1万円残っている場合は、1万円には利息がかかります。
そして、その1週間後に1万円を返済したら、返済した翌日からまた初めて借りた日から1週間無利息になります。

 

消費者金融の場合、30日間無利息ですが、30日も不要、明日返済できる、という方はノーローンは本当におトク。
ただし、長期間借り続けないよう、気をつけてくださいね。

 

オススメ!即日融資が可能なキャッシング>>

 

キャッシングで無利息は「無利息キャンペーン」のみ

無利息キャンペーンは、ある一定の期間の間は無利息でお金を借りることができるキャンペーン。
多くの消費者金融がこの無利息キャンペーンを導入しており、銀行のスピードキャッシングとの差別化を図っています。
最近では、銀行のキャッシングでも即日融資や夜間・土日祝の契約も可能な時代になってきました。
しかし、それでも無利息キャンペーンを行っているのはほぼ消費者金融のみ。
銀行では行っていない、消費者金融だけの最大のメリットと言えます。

 

だからこそ、気を付けてほしいのは、無利息でお金を借りることができるのは、ほぼこの「無利息キャンペーンのみ」であるということを覚えておいてください。
多くの金融会社がキャッシングのサービスを行っていると思いますが、無利息でお金を借りることができるのは無利息キャンペーンのみです。
甘い言葉に騙されないよう、気をつけましょう。
また、無利息キャンペーンを行っていたとしても、無利息期間については細かくしっかり確認して利用するようにしましょう。

 

無利息期間に返済できなかった場合

無利息期間が30日間だったとして、30日以内に返済ができなかった場合、31日目から利息が発生します。
30日以内に完済できれば、借りた金額は全て無利息ということになりオトクですが、完済できなかったとしても十分オトクです。
例えば、10万円借りて30日以内に5万円返済した場合、31日目からは5万円に対して利息が発生します。
完済できなかったとしても、30日以内に返済した金額については全て無利息になります。
借りる金額が大きくて30日以内に完済できそうにないと思っても、利用する価値は十分にあります。
2ヶ月以内に返済できそうな金額であれば、ぜひ無利息キャンペーンの消費者金融をお勧めします。

 

無利息キャンペーンでお金を借りる注意点

無利息キャンペーンを利用する際に注意してほしいポイントが3つあります。
ひとつは初めての方限定であるということ。2つ目は完済できなくても利用価値はあるということ。そして3つ目は、長期利用には向かないということです。

 

無利息キャンペーンは、初めての方限定で30日間限定のキャンペーンです。
利用する側は非常におトクなので、銀行カードローンなどよりも消費者金融のキャッシングで契約をするでしょう。
しかし、無利息期間が過ぎた時点で、キャッシングは消費者金融のキャッシングへと戻ります。
無利息期間中はどこよりもオトクでしたが、無利息キャンペーンが終了した時点で、どこよりも高い金利のキャッシングへと戻るのです。
つまり、長期間利用するキャッシングとしては向いていないということです。

 

消費者金融のキャッシング側としては、この無利息キャンペーンを利用することで、その後もずっとキャッシングを利用してもらうことが目的です。
30日間無利息でお金を貸しても、その後利用してもらえるなら万々歳ですよね。
しかし、利用する側からすると無利息キャンペーンが終わったらできる限り安い銀行キャッシングなどに変更したい。でも面倒だから、そのまま消費者金融のキャッシングを利用してしまう。
これでは、せっかく無利息キャンペーンを利用しても高金利になってしまって困りますね。

 

「無利息キャンペーン後は利用しない」と心に決めていたとしても、契約してしまえばカードは手元に残ります。
いつでも利用できる状態であれば、ピンチの時につい利用してしまうかもしれませんね。

 

ではどうすればいいのか。
それは、無利息キャンペーン期間中に銀行カードローンを作ってしまうことです。
無利息キャンペーンが終わったら、消費者金融の方で返済しきれなかった分を銀行キャッシングのから借りて返済します。そうすれば、無利息期間中に借りた金額は終了し、残った金額は銀行キャッシングの低金利の方に返済していくことになります。
こうすれば、高い金利のキャッシングを利用することなく、無利息キャンペーンのみを利用することができてオトクですよね。
しかし、消費者金融の方に借り入れがあるため、銀行カードローンの契約が通らない、などということにもなりかねません。借入金額に余裕がある方のみ、利用するようにしましょうね。

 

オススメ!即日融資が可能なキャッシング>>

 

キャッシング以外で無利息でお金を借りる方法

社会福祉協議会「生活福祉資金貸付制度」

社会福祉協議会は、民間の福祉を充実させるために作られた民間の団体です。
こちらが行っている、生活福祉資金貸付制度は、何らかの理由でお金がなくて困っている世帯をサポートするための制度です。こちらでは、無利息でお金を借りることができます。
しかし、キャッシングのようにスピーディに借りることはできません。審査に1〜2週間かかります。
また、生活に困っている世帯のサポートのため、それなりの理由が必要です。
例えば怪我などをして一定期間仕事ができないような状況であれば、その間の生活費として無利息でお金を借りることができます。
かなり利用用途が限られますので、キャッシングなどのように簡単に借りることはできません。

 

ハローワークの求職者支援制度

雇用保険を受けることができない人対象に、ハローワークが実施している講座を受けることで給付金を受け取ることができます。こちらは借りるものではないので、返済する必要がありません。
収入が少ない人は、月額10万円の手当をうけることができます。
受講中には必ず求職活動をする必要がありますし、これを受けるためにはハローワークに申し込みをして認めてもらう必要があります。
こちらも、時間がかかりますので急ぎの場合は難しいですね。

 

学生限定の奨学金

無利息でお金を借りることができる代表である奨学金。
こちらは学生の間は無利息で借りることができます。高校・高専・短大・大学・大学院生が対象で、より生活が厳しい学生のみ対象なので審査はかなり厳しいでしょう。
在学中は無利息ですが、卒業後は金利が発生しますので気をつけて。

 

 

キャッシング以外でも、無利息でお金を借りる方法は色々あります。
しかし、公的な機関を利用するとなると、やはりそれなりの理由と審査に時間がかかります。
また、理由なく仕事をしていない場合は審査に通過するのは難しいでしょう。
すぐにお金が必要だけど、無利息でキャッシングしたい!という方は、やはり消費者金融の無利息キャンペーンを利用するのが一番便利でお得だと思います。

 

オススメ!即日融資が可能なキャッシング>>